景色と同化するインフィニティプール

プールの水面から空や海が一体化し開放的かつ贅沢な景色を演出する「インフィニティプール」。
「インフィニティプール」とは、水面をギリギリまで上昇させ、プールサイドにある縁を見えなくすることで、プールの水面が周りの景色と同化して見えるよう設計されたものを言います。
「インフィニティプール」は主にホテル・ヴィラに設置されているイメージが多いかと思いますが、自宅に導入してプライベートな時間を楽しむ方が増えてきています。

景色と同化した水面は、その景色とともに変化します。青空の下にあるプールは海や空の青色に、日が傾き夕方になると赤く染まっていきます。また、森を目の前にした場合には湖にいるかのように感じます。

「インフィニティプール」を設置するにはロケーションが重要なポイントになってきます。
海や森が目の前に、または高台や屋上など空が広く見える場所がおすすめです。
また、施工するにあたってはプールの形状や設置場所により様々な方法がありますが、景色と同化させる一辺の縁をなくし、下記右写真のように水が溢れても受けられる構造にします。

プールがある暮らしは、こころもからだも潤う暮らしに。
家庭用の住宅をはじめホテルやヴィラ等施設にプールの設置を考えられている方、プールのある住宅建築を検討している方、ご相談承ります。お問い合わせお待ちしております。

関連記事

  1. プールの常識がくつがえる!機械室のいらないろ過機


デジョユジャパン・パートナー